デリヘル嬢が精子を見て思うこと

私は大阪の十三と言う所にある激安デリヘル店で働いている22歳の女の子です。
十三の激安デリヘル店で働き始めて1年ちょっとになります。
十三の激安デリヘル店で働き始めるまでは難波にあるガールズバーでホステス嬢をしていました。
難波のガールズバーはカウガールコスプレのガールズバーで、その難波のガールズバーで働いている時にお客さんで来ていたのが、風俗嬢をスカウトするスカウトマンの男性で私はそのスカウトマンの男性にスカウトされて風俗嬢として風俗の仕事を始める様になりました。
今回はそんな私が十三の激安デリヘル店で働いて感じた事やお客さんを見て思った事などについてこちらでお話をさせていただきます。
お暇な方は是非読んで行って下さいね。

私は大阪の十三と言う所にある激安デリヘル店で働いていて、現在は週に6日、一日当たり5時間のシフトでデリヘル嬢の仕事をしています。
私は毎日、お客さんのおちんちんから精子を出す仕事をしている訳で、言わば私の仕事は「精子出し人」と言っても過言ではありません。

私は毎日の様にお客さんが精子を出す所を見るようになって、お客さんの精子にも色々な色や粘度の濃い薄いがある事がわかりました。
そして精子にはお客さんによって匂いの違いがある事も分かってきたのです。

私は大阪の日本橋と言う所にある生アナルファック専門のデリヘル店で働いている20歳の女の子です。
私は19歳の時に大阪に出てきて、大阪の難波や梅田や日本橋を毎日ブラブラしてナンパ待ちをしてナンパされてその男性とセックスをするなどの生活を送っていた時に、難波のひっかけ橋で風俗のスカウトマンにスカウトされてそのまま日本橋にある生アナルファック専門のデリヘル店でデリヘル嬢として働き始める様になりました。
私はセックスについては経験人数が90人くらいでしたが、アナルファックは一度もした事がありませんでした。
ひっかけ橋で風俗のスカウトマンにスカウトされて日本橋の生アナルファックのデリヘル店に初めて行った時に、店長面接でいきなり生アナルファックをされてとても痛かったのですが、激ピストンをして腰を振り続ける生アナルファックをして私の肛門の中に精子を出し終えた店長がどろんとした目つきで私に「ウチは生アナルファック専門店だから、生アナルファックに早く慣れてね」と言ったので、私はお金を稼ぐ為には肛門でセックスするくらいの事は我慢しないと仕方ないか、と思い日本橋にある生アナルファックのデリヘル店で働き始める様になったのでした。

デリヘルの女の子を呼びたい理由

結婚となると煩わしさを感じてしまうことがあり、かといって、彼女との関係を続けるのも拘束されるようで思うようにできない、自由な生活がしたいと思っている男性は多くいます。とはいってもやはり女がいないというのは寂しいので、時々は女性と会ったりして、ときめきたいという気持ちになるのです。そのようなことができるのがデリヘルであり、自分がしたい時だけ女を自宅に呼び、気持ちのよいことができるという大きなメリットがあるのです。

デリヘルの女の子はたくさんいますので選り取り見取りであり、毎回相手を変えることができるので、女性に飽きることもありません。今日はどんなエッチな女の子が来てくれるのかというわくわく感を得ることもできるのです。付き合っている彼女はいなくても、あるいは作らなくても、こうしてデリヘル嬢と、時々楽しい時間を過ごすことができればそれだけで性欲が満たされていくのです。

しかもデリヘルの女の子が男が好むようなポイントやしぐさ、嬉しく思うことのつぼを知っているので満足させてくれるのです。女の子のサービスは実に開放的で気持ちがよいのです。独身男が溜まっているストレスを全部女の子が癒してくれるのであり、最高なのです。

おすすめ関連サイト

梅田でおすすめの高級デリヘルはこちら|貴楼館
京都風俗求人 | ホテヘル・デリヘルバイト情報 はてなジョブ関西版

サブコンテンツ