デリヘル嬢を舐めたらマジ切れされた話

デリヘル嬢をラブホに呼んで、おフェラをしてもらっていたときのことなのですが、こっちとしてはフェラされながら暇なので、べつにとくに深い意味はなくおっぱいを触ったら、ものすっごい目で睨まれたことがあります。

デリヘルバイトをしてまだ一ヶ月とか言っていましたので、風俗バイトとはそういうものだということをわかっていない子だったのかも知れませんが、とにかくこの睨みは言ってみればまだ序章でしたね。

その後、69の体勢になってのプレイでしたので、こっちとしてはご奉仕のつもりでも一生懸命舐めるものじゃないですか。けれども、この嬢はここでブチ切れてきたのですよね。「私、舐められるのイヤだって言ったじゃないですか!」といった具合に。

こっちとしては、そうは言われてもデリってそういうサービス内容ですから、そんなにイヤなら別の風俗バイトに行けばいいじゃんとは思うわけです。おそらく色々とたまっていたのでしょうね。

けれども、そのデリ嬢を派遣したのが大手風俗店だったため、しっかりとフォローはされましたけれど。この件での前向きな教訓としては、「やっぱり大手は良い」ということでしょうか。やっぱり大きな風俗店になりますと、フォローの具合が万全ですから、こっちも大してイヤな思い出として残ってはいないわけです。

サブコンテンツ